--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-01

柑橘系の香りと気持ち。

いやはや、本格的に夜の寒さが響きますね。
静岡は富士五湖のあたりは、昼間なのに13度でした。

ホットティーでユルッとお茶したいです。

ただ今は松本からの帰り途中、車内で地味に書いております。

紅茶仲間が増えてきて、嬉しいこのごろです。
同じ趣味の話ができるっていうのは、楽しくすばらしいです。

本日は「アールグレイ」について少々。

まぁ…単純に今飲みたいのです(笑)
アールグレイ、癖はありますが爽やかでいいですね。

このベルガモットオイルの柑橘系の香り。
クセになります。
優雅に、がぶ飲みしたいです。

アールグレイはベルガモットオイルで香り付けをしております。
このように香りを着けた紅茶をその名の通り『着香茶』といいます。
いわゆるフレーバーティーですね。

アールグレイと言う名前の由来は、
2 代目グレイ伯チャールズ・グレイが、外交上の贈答品として
ベルガモットで香りをつけた紅茶を受け取ったことがから来ているようです。

Earl は英語で伯爵なのでアールグレイ(グレイ伯爵)という訳です。


その他の着香茶ではTWININGSの『レディグレイ』なんかもオススメでお気に入りです。
「アール グレイ」をベースに、オレンジ ピール、レモン ピール、
そして矢車菊の香り。素敵です。

紅茶花伝の『ダブルベルガモット』
はまだ飲んだ事が無いのですが、
いかがなんでしょう?
情報求ム~(飲めばいいんですが…笑)。。。


アールグレイは、ホットだとベルガモットの香りが強くなるので、
このクセが苦手な方は、アイス、またはホットミルクティーの方が
飲みやすいですよ。

もちろん着香具合や、メーカーによってクセの強さも違うので、
それぞれの違いを味合うのもいいかと思います☆

う~ん美味しいアールグレイが飲みたいです。


<参考になるかも知れないブログリンク>
*アールグレイ*
紅茶の旅「中国発祥の? アールグレイ」


*へきれきメンバーブログはこちら*
Vo / umiQ 『コントラスト』
Ba / 小沼めぐみ 『アルプス小部屋』
Dr / 中村直弘 『ガンダムくん。』
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

フレーバー

アールグレーもアッサムとかと同じの種類じゃなかったのかっ!!勉強になります☆

No title

アルさん>>
そうなんです。
違うんですよ~。
僕もはじめは一緒だと思ってました。

アールグレーはクセの無いセイロン系の茶葉を使う事が多いみたいです。
最近は中国、インド、スリランカ産をブレンドする事も多々あるみたいですよ。
プロフィール

遠藤洋一郎

Author:遠藤洋一郎
所属:へきれき
担当:Gt.SE
誕生:1982.7.8
血液:OOO+akb
趣味:紅茶いじり
特技:ヒキコモリ宅録

ゆらゆらと不思議なステップでギターをカキ鳴らして足下に並んだ箱を踏みつけています。


茶が日常の飲み物です。

紅茶はダージリン、アッサム、ヌワラエリアを特に好みます。
ミルクティーが好きです。

紅茶好きによるかなり偏った紅茶ブログです。


※日々の日記はmixiにて書いております。
アカウントお持ちの方はこちらにて。

最近の記事
トピックス
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。